CANTERA

いさぎよく生きていきたい。

服を買う。服について考えるのは、最小限。

服のことぱかり考えていた頃がありました。


今日の服は大丈夫かな?
ダサくないかな?
似合ってるかな?
服はあるはずなのに、なんで着る服が無いの…
また新しい服を買わないと…
買っても買っても満足できない…( ノД`)…

前の日に服を準備しておいても
当日になると全く納得いかない。



しんどかった。

一体、服にいくらつぎ込んだのだろう?



本当に似合う服の選び方を教えてくれるという人たちの講座やセミナーに
いくら払ったんだろう?



私は服が好きなんじゃないかと勘違いするほどに
服のことばかり考え、お金を使っていました。



今、必要な服を最低限で持つようになったら
服のことは ほとんど考えなくなりました。



足りないなと感じたときに 必要なものを買う。

毎日、2通り、3通りしかないコーディネートの中からどれにするか決める。


それだけのものになりました。


人からどう見られているか ということも
気になりません。


自分が どう感じるか は、とても気にしますが。


f:id:funfu-n:20191112105300j:plain
新・ニット。


寒くなってきて、お仕事の無い日に着られるものが
ニットのワンピース1着とスカート3着しかないことに気付きました。


スカートのみってね…(笑)


さすがに、これでは無理なので、
ニットを買うべく、GUへ。



しゃしゃしゃっと気になるものを試着し、

ちょっとでもイマイチと感じるものを返却。



レジで値段を見てビックリしました。
1000円なんだ…( ゚ロ゚)



思ったより、断然安かった!

f:id:funfu-n:20191112105449j:plain
今のクローゼットはこんな感じに。


これで、またしばらく大丈夫。


今月末でお仕事をやめたら、もう1着必要になるかな…



次なる1着は、またおいおいと探します(*´∀`)

存続してもらうためにお金を使う。

お金って、なんのために使うのでしょう?


便利に暮らすため?
快適に暮らすため?
しかたなく?
いい人生を歩むため?
人から羨ましがられるためという人もいるかも知れません。


ここのところ、私にはもうひとつの
お金を使う『目的』ができました。



支払い先に、存続してもらうため です。



私の大好きな、何らかのサービスや商品を
今後も続けてもらうために、
お金を支払う。



これからもがんばって!応援してます!という
意思表示のためにお金を支払います。



地域の、少々高いけれど、頑張っている小さな個人商店や
腕そのものはイマイチだけれど、ハンデを負いながらも一生懸命にやっている美容師さんなど。



払うときに、この人たちの利益になって欲しいと思いながらお金を払います。


払えることは、喜びでもあります。


そこには、もっと安くあって欲しいという思いはありません。


むしろ、そう思い始めたなら
その支払い先は、私の中で応援する価値を失ってきているということ。


安くても、行かない場所になります。



目先の安い、高いではなく
応援のためにお金を使う。


こういうお金の使い方が出来るようになれたことが
純粋に嬉しいです。


f:id:funfu-n:20191111123409j:plain

和菓子が大好き。特に練りきり。


お店で、柿の形をした初見のものがあったので
店員さんに、どのようなお菓子ですか?と訊ねたら


「中身は普通の黒いあんこです。
 どれも形がちがうだけで、一緒ですよー」と

あっけらかんと笑いながら答えられました。


そうですかー と笑ってきましたが
ちょっと悲しくなりました。

素敵。『グランメゾン東京』を見て、命をいただくことが腑に落ちました。

今、一番楽しみにしているドラマ。


『グランメゾン東京』


木村拓也さんが主演のレストランのドラマです。


ジビエ料理のコンテストに参加する回で
とても素敵なセリフがあったのです。


「生きとし生けるもの、いただいた命を
 余すことなく美味しくいただく。
 そのために料理人がいる。」


すてき…( ,,-` 。´-)



命をいただくのだから、
可能なかぎり、余すことなく食べさせていただきたい。


動物も、植物も、かわりなく。



それは
命をいただくのだから無理して食べろ!という話ではなく、

美味しいと感じるものを、必要なだけ食べる ということ。
いただける命を、少しも無駄にしない ということ。


美味しいと感じられないものは、感じられる人に譲ればいい。


その方が、食材にもつても命を失った甲斐があるというものでしょう。


食材にしたらどっちでもいいから殺さないでくれと思ってるでしょうが…


それでも 殺された上に「まずい」とかなんとか言われて、殆どの部分を棄てられたなら
それこそなんのために?ですよね。



私達が生きていくためには どうしても食べていかなければならない。

ならば、
いただける命を、感謝しながら、美味しく、最大限にいただきたい。


それが、「いただきます」なんだなって
妙に腑に落ちました。



べつに、目新しい話でもないんですけどね(笑)


知ってることと、腑に落ちることとは、
全然別モノ。


食事前に、「いただきます」を言うときの気持ちが、少し厳かなものになりました。


f:id:funfu-n:20191110153548j:plain

大好き!さつまいも!

私は圧倒的に蒸す派!

みなさまは、なに派?

ああそうか。これがモラハラなのか。

最近、夫や友人とのLINEの文面を、悩むようになっていました。

職場での人の態度が妙に気になったり。


前はもっと、気を使わなくても
さくさくっと返信をうったり

人からちょっと嫌な態度をされても気にしなかったり

できたはずなのに。


なぜかここのところ、生活がギクシャクしてる気がする…

なんだろう…( ´-ω-)  


と思っていたのです。



が、気付きました!


私、上司から、結構頻繁に「嫌味な話し方をする」と言われているのです。


「なーんでそんな言い方するのかなぁー」と、
それこそ嫌味ったらしく。


そのことが頭にあって、
私が何かを話すことで
夫や友人に、不快な思いをさせてないかと
いつの間にか不安に感じるようになっていたんですね。


目の前で反応を見ながら話出来るときは
そんなこと無いとわかるから普通に接することが出来るんですけど。



そうか。

すべての元凶は、上司の態度だったんだ!

なんかすごーく気持ち悪いなぁ…と思ってはいたけれど
彼の言葉に、知らず知らず影響を受けていたのね。

鈍すぎて気付かなかった!( ゚ロ゚)!! です。



以前、先に辞めていった人が
「あの人、モラハラ入ってる」と言っていたことがありまして。

その時はピンときていなかったけど
こういうことだったのかもなと 妙に納得しました。


○○ハラスメントという言い方は
あまり好きではないのですけどね。


f:id:funfu-n:20191107111744j:plain

昨日は、辞める意志を伝えたお祝いに
一人お寿司へ。


先日テレビで絶賛されていた、スシローのマグロ7貫盛りを食べに。


会計のとき、
最近の回転寿司はセルフレジなんですねー すごいですねー と
後ろに並んでいた見知らぬおばさまと微笑み合いました。


こういうちょっとしたふれあい、大好きです(*´∀`)

もう、やめる。

もう、彼女と私は
とうに友達ではなかったんだろうなぁ。 



数少ない『友達』を失うのが怖かったのか
機会があればかつてのいい関係を取り戻せると思っていたのか…



いったい何度、
楽しみにして会いに行って
なんだか疲れて ときにはがっかりして帰ってきたことか。



もう、そんなことを繰り返すのはやめよう。と、静かに思いました。



f:id:funfu-n:20191105222432j:plain
和菓子。紅葉。


かわいい( ´,_ゝ`)


和菓子作り体験をしてみたいなぁ

お仕事は大事な暇潰しのひとつ。そう感じるようになりました。

お仕事のあり方が、私の中で変わりました。


これまでは、お金を得るために頑張ってやるもの。
辛くても、我慢してやるもの。 だったんですけど

今、週4で行ってるアルバイトを辞めようと決めたら

お仕事は、既に暇潰しにやるものになっている
ということに気付きました。



理由はみっつ。



ひとつめは、
私が結婚していて、夫が仕事をしていること。



ふたつめは、
子供もいない私にとって、専業主婦であり続けるのは暇すぎるということ。


以前の職場を病気療養で退職した後、
専業主婦の期間が一年半ほどありました。


最初の一年は本当に療養期間でしたが、

体調が回復して、
家の不要品の断捨離をしたり
保険の見直しをしたり
家事を簡単にするためにはどうしたらいいか…
なんて考えているのがめちゃめちゃ楽しかった頃を過ぎたら

暇になってしまったのです。


今日は本を読もうかな~( ・∀・)なんて思って
本を読んでいても、気付いてしまう。


「単に暇潰しのために読んでるだけだなぁ… つまんないなぁ…」


だから、体の調子をみながら、働きに行くことにしました。


今、バイトを辞めても
毎日暇をもて余すことが目に見えてしまっています。


どう考えても、めちゃくちゃ暇になる。


何かしら、やることが必要になります。



みっつめが、お金に対して、気持ちの余裕ができたこと。


我が家は結婚したときに家を建てていまして
毎月ローンと利息を払い続けてきました。

が、この度、めでたく完済できるだけの貯金が貯まりましたので

心の負担ががくんと減りました。


加えて、この二年間、家のことを整頓した結果
私たち夫婦が生活していくのに
そんなにたくさんの収入は無くても大丈夫だということがわかってきました。


毎月11万円、二人のお小遣いとしてとっているので、
そこにメスを入れれば
食費、日用品、電気代その他で20万円におさえることは可能。


加えて、幸せとお金はイコールではないということがわかったので


支出を抑えながら、満足した生活ができる自信がつきました。



以上により、
暇でしんどい思いをしないために何かをやって、
お金はオマケでついてくればいいや と
感じるようになりました。



お仕事であるし、自分の大事な時間を費やすわけなので
手を抜いていいとか、いい加減でいいとか
そういう話ではないんですけどね。


f:id:funfu-n:20191105114343j:plain
先日名古屋で食べた、両口屋是清さんの栗きんとん。


もう一回食べたい( ^∀^)


いつでも、ある程度のお金は稼げる自分でありたいです。

さもありなん。いつも同じことで悩む人。

そりゃあ、そうだよなぁ…って、思うのです。


「なんかいつもさー、
 俺がああ言ったこう言ったって
 俺のせいにされんのー
 本当、困るよねー」

と、言っていた人がいまして。


最初は私も、大変だなぁと話を聞いていたのですが


付き合いが長くなってきて気づいたのは

そりゃあ、そうなるわな!ということでした。



当の本人はどうも気付いていないようなのですが

彼の言うことはかなり曖昧で、
聞いている側がもっとハッキリしたことを訊こうとすると
「なーんでわかんないのかなぁ」と、露骨に不機嫌になるのです。

そして、結局曖昧なまま。


その曖昧さ加減が絶妙だし、
逐一会話を録音をしているわけでもないので、
後々、そうとも受け取れるような…違うとも受け取れるような… みたいなことになってしまっているのです。


相手からしたら、言ってることがちがう! だし、
本人からしたら、そんなつもりじゃなかった! だし。


実際に、言うことがコロコロ変わるし。


なまじ、立場を与えられているので無下に出来ないし。



何かの悩みや問題にあたったときに
人のせいにすることで逃げ続けている人って

そうなる原因を持ち続けたままになるがゆえに

結局、場所や環境を変えても
いつまでも同じメにあうのだなぁと妙に納得しました。



既につきあいきれないからと見限っていった人もいるなか、

私はこの人とどうやったらいいかと目下悩み中。



f:id:funfu-n:20191103183500j:plain
ヤケ食いした、ローソンのモンブランパンケーキ。
ヤケ食いに使っちゃって、ごめんね。
一つで胸焼けを起こしたのは歳のせいか、メンタルのせいか…



昨日は私が彼の言葉に振り回されました。


「そうしたいと思ってるって言っただけで、
 決定したなんて言ってない。」と。


そうかー… おかしいなー…( ´-ω-)


言った言わない問題は難しいですね。